高額塾経営者(久保亮倫)らが逮捕されたので、勧誘体験談を語る






目に見えないものを売ると詐欺だと言われやすい。

今回は情報を売った悪質と言われている起業セミナーについて言及したいと思う

経緯

www.nikkan-gendai.com

 起業セミナーをかたったマルチ商法の経営者らが捕まった。

特定商取引法違反容疑で14日、福岡県警に逮捕されたのは福岡市のセミナー企画会社「primo」の実質的経営者・久保亮倫容疑者(32)ら5人。「起業家育成プログラム」とうたい、全国約300人のセミナー契約者から計2億円の受講料を受け取っていたが、実際はセミナーを開かず、被害者に契約者を増やす仕事をやらせていたという。県警は詐欺容疑も視野に捜査している。

2年前に被害に遭った福岡市の男性(20代前半)が手口を明かす。

「最初はSNSを通じて知り合った会社の女性とお茶をしたことが始まりでした。何度か会い、『紹介したい人がいる』と言って連れてきたのが、久保容疑者でした。久保容疑者は『もともと大阪市の私立高を卒業し、パチプロをしていたが、結婚を考え、起業して成功した』とサクセスストーリーを熱っぽく語り、当時専門学生だった私は『かっこいい』と思ってしまいました」

 

男性は120万円のセミナーコースを紹介され、ローンを組んで入会したという。

「実際に入ってみると、なぜか占いの講座ばかり。友達の連絡先リストを書かされたり、SNSを使った勧誘方法のDVDを見せられるようになった。怖くなって逃げましたが、誰にも言い出せず、半年間、バイトをしてローンを返済していた。後に返せと言っても全部無視されました」(被害男性)

こういったセミナー詐欺は都心を中心に増えているというから他人事ではない。

「狙われるのは就活がうまくいかない学生や仕事に悩む新卒の若者。勧誘者はSNSなどでカモを探し、バーベキューやフットサルなどのイベントに誘う。何度か会って“カリスマ”を紹介し、サラリーマンになることがいかに無意味かを説くのです。最近は出会い系アプリなどのハニートラップを使い、客を連れてくる方法がはやっています」(セミナー会社関係者)

子どもを持つ親は注意したい。

 

 

実際に勧誘を受けた経験談

 

久保さんとは面識はないが

実際に勧誘を受けたことがある。

この組織の勧誘役は多く、出会い系に数多く存在している。

久保容疑者自身 営業として出会い系アプリで勧誘している。

 

勧誘役は自信に満ち溢れていた

初めて会った時の言葉

勧誘役「目標は100会社を作ってお互い困ってる時、助け合うコミュニティを作る」

勧誘役「楽しいと思うことをしよう」

勧誘役「人が成長していくさまを見るのが楽しい!」

勧誘役の輝いた目は希望に満ち溢れて応援したくなるものだった。

だが、勧誘役の人物を知ると決してなりたいと思えなかった。

 

あなたになりたくないです。

 

勧誘役は幹部としても活動しており

指導者として塾生とラインで1対1の指導をしていた。

アポイントを取ってそのあとどうだったか?

勧誘成果を指導者に逐一報告していく。

一人で面倒見れる人数は限られている。

だが幹部は20人〜30人?程大勢の人数を面倒見ている様子だった。

指導で自分を無理している様が分かり、見ていて辛そうだった。

指導者の負担大きすぎない?

多忙なのか睡眠も取れてない、約束の時間に遅れる。

自分を管理出来てない人間が他者を管理できるのか?

人に無理させる久保さんが理解できない。

また、遅刻する人間を幹部にする判断が理解できない。

組織に入る際思うこと仕事場でもサークルでも組織に入る際思うことがあるその組織に所属している人間になりたいのかどうか?

自分を犠牲にしてビジネスをする人は見ていて心配になる

そしてその組織に入ってこうなりたいとは思えない。

野村りさ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です